大学紹介⑮ 東京工業大学~大岡山キャンパス~(中村將チューター)
2019-09-27 | 未分類

東京工業大学 理学部 物理学科の中村將です。

 

東京工業大学は日本でトップクラスの国立理系単科大学です。最近では2016年に大隅栄誉教授がノーベル賞を受賞しました。そんな東京工業大学ですが、今回は学部生が主に授業をうける大岡山キャンパスを紹介していきます。

・所在地   

 

〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1

・交通アクセス

大岡山駅(東急大井町線・目黒線) 正門まで徒歩1分

緑が丘駅(東急大井町線)緑が丘門まで徒歩1分、西門まで徒歩3分

石川台駅(東急池上線)石川台地区 南門まで徒歩7分

 

大岡山キャンパスは東工大の学部1~3年生が授業を受けるキャンパスです。自然が多く、近くの保育園の散歩のルートに入っていたり、春にはお花見をしに来る人が多いなど、周辺住民の憩いの場となっています。

キャンパスマップ

本館

数学科と物理学科の一部が主に入っています。本館の正面は4月には桜が満開となりお花見をしている光景がよくみられます。また、雪が降ると毎回その年に流行ったものの雪像が出現します。

図書館

特徴的な外観から通称チーズケーキと呼ばれています。実際は上の建物(チーズケーキの部分)には本はなく、学生の自習スペースになっています。図書館自体は地下にあるため、実際はチーズケーキ=図書館ではなくチーズケーキ=自習スペースである。

 

環境エネルギーイノベーション棟

外壁がほとんどソーラーパネルに覆われた一見怪しげな建物。そのソーラーパネルにより建物内の電力をほとんど自給自足することができるすごい建物である。

 

時間割紹介

 

物理学科の3年の時間割です(私が教育改革前の入学のため現在は少々異なっています)。

 

赤:専門科目

青:教養科目

緑:実験

物理学のフロンティアでは毎回異なる教授が自分の専門について講義を行なっており、研究室紹介を兼ねた授業になっています。

理学の教授は朝から授業をやることが面倒くさいため2限から4限に必修科目が入ることが多く、1限は選択科目が入ることが多いです。また、内容を理解すればよいという教授が多く、出席に関してうるさく言われることはほとんどありません。

 

 

 

 

主な就職先

修士課程修了生の主な就職先

⽇⽴製作所/トヨタ⾃動⾞/ソニー/三菱重⼯業/本⽥技研⼯業/キヤノン/エヌ・ティ・ティ・データ/パナソニック/三菱電機/⽇産⾃動⾞/野村総合研究所/富⼠通/アクセンチュア/旭化成/オリンパス/ヤフーなど

専門を活かして就職する人が多いため、技術職や研究職が就職先として多くなっています。また、東工大生の大学院進学率は90%、博士課程進学率は15%となっています。となっておりほとんどの学生が大学院まで進んでいます。

 

 

いかがでしたでしょうか。大岡山キャンパスは東工大生だけでなく。近隣の方の憩いの場所になっています。東工大生でなくてもいつでも入ることができるので興味があるひとはぜひ足を運んでみてください。

記事ページ
Copyright (C) 2010-2018 KOSEI GAKUEN Junior & Senior High School