中学3年生総合学習は山内太地氏講演会!   2017-07-18 | 佼成学園の進路指導, 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

本日は中学3年生の総合学習。中学3年生といえば、いわゆる大学入試における「2020年」学年。制度変更を待たずに徐々に変化しつつある大学受験ですが、まずは高大接続システム改革という制度変更は世界におけるどのような文脈の中で、日本において実施されようとしているのか、山内太地氏をお招きして講演をしていただきました。

イエール大学やマサチューセッツ工科大学の生活などを紹介しつつ、日本の大学はどのように狙い、どのように過ごせばいいのか、中学生にも響く言葉で熱く語っていただきました。話は男子校出身者の大学での恋愛事情にまで及び大いに盛り上がり、講演だけではなく相談コーナーやWS型のパートを交えての刺激的な90分でした。休憩時間の相談コーナーでは50名以上が長蛇の列をなしているところに、この学年の生徒たちが2020年を見事に乗り越えているだろうことを予感させてくれました。

山内太地氏にはまた数年後お目にかかることでしょう。ありがとうございました!

 

センター試験壮行会2017   2017-01-13 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

1月11日、恒例の「センター試験壮行会」が実施されました。受験生にとっては本番前にみんなで顔を合わせる最後の機会。事実上の「出陣式」となりました。

週末に控えたセンター試験に向けて、先生方からは温かな「激励」や緊張をほぐすような笑いも混ざった独特の「アドバイス」など、それぞれの授業を彷彿とさせる心のこもった言葉が投げかけられました。
生徒諸君は胸の内には様々なものが去来していたかもしれませんが、仲間たちと一緒にいる時間はとても落ち着いており、柔らかな表情の生徒が多かったように見受けられました。
以下に、各教諭・チューターからのメッセージの抄録を掲載します。

学校長
いよいよセンター試験が始まります。大学受験に向けて、それぞれ勉強をやった期間は違うかもしれないけれど、一生懸命やったことでしょう。
今、佼成学園には勝利の風が吹いている。アメリカンフットボール部のクリスマスボウルでは、アウェイなのにホームのような雰囲気で試合ができた。みんなが君たちの応援団としてパワーを送ってくれている。勝利の風に乗って落ち着いて頑張ってほしい。
   阿部学年主任

試験では周りのサポートがあってこそ力が発揮できる。これまで培ってきた学力は身についている。それをいかに100%に近い形で発揮できるか。自信を持って取り組んでほしいが、侮りは禁物。
  英語科北野教諭

君たちは佼成学園において過去最高の英語力を持っている。なおかつ模擬試験も過去最多の受験をしている。すなわち最高の経験値を持っている。平常心でやれば必ず点数が取れます。最後の時間にリスニングがあるので、最後まで気を抜かず頑張ってきてほしい。
   数学科阿部教諭

センター試験数学はマーク量が多く、最も処理能力が求められる試験と言える。ポイントは、躓いた問題も戻ってやってみればあっさり解けることが多いから、うまくいかないときも切り替えてやってみること。昼休み後なので睡魔に襲われないように。問題のページを間違えないように。数学1Aをやるべき人が数学1をやってしまうような間抜けなことは絶対に避けて下さい。
   国語科西村教諭

センター試験国語というのは君たちの視野が極端に狭くなってしまったところに落とし穴がある。しかし常に冷静で「引いた視線」で問題に向かえば、必ず見えなければならないものが見えるはず。健闘を祈る!
   社会科金子教諭

日本史は歴代の中でもあまりできがよくない。皆さんには最強の武器、すなわちノートがあります。あのノートを会場で見せつけてやって下さい。地歴は時間があるのでゆっくり解いて下さい。教科書にある写真だけは見直しておくように。最近のセンターは見たこともない資料問題を出してくるから焦らないように。
   理科 秋山・永田教諭

化学についても物理についても、すでに予想問題も出しているのでそれをやっておけば大丈夫。自分の将来がかかっている大切な試験だから、適度な緊張は必要。
センター試験というのは鏡のようなもの。自分のやってきたことがそのまま出てしまい、ごまかすことはできない。6択の選択肢が全部当たる確率は7776分の1。偶然はない。6択を最後までしっかり考えて2択に絞ればいける。どうしてもわからなくなったときは、想像上の先生に尋ねてみよ、きっと正しい答えを授けてくれる。
   飯田真チューター

私大型だったのでセンターに重きを置かなかったけれど、
周りのことは気にせず、敵は只の紙切れだと思って乗り切ろう!
宮本チューター
単語集ではなく慣れ親しんだ英語の長文を読むのがいい。
自分の弱みを強みに変える。僕はバスケ部、塾なし、現役生でしたが、それを逆手にとって自分の強みにした。今の自分を助けてくれるのは過去の自分。ネガティブなことは考えないで!
 今年度の生徒代表は、毛塚尚太郎くん。勉学に励み、吹奏楽部でも活躍し「行学二道」を貫いた彼は、中学時代にピアノの全国大会にも出場していたほどの名手でもあります。彼は、集まった生徒を前に、「緊張している。学年の気運を高めるためにも頑張っていこう。全国優勝という追い風を運んでくれたアメフト部のみんな、ありがとう。」と声をかけました。
 
ホールにピアノとマイクを持ち込み、ピアノのメロディに合わせて学年主任の名前である「キヨシ」を学年全体とでコールアンドレスポンス。最後は弾き語りをして、「行くぞ!!」と叫んだところ、学年全体が「おお!!」と応えてくれました。
また、午後にはトップレベル講習のセンター壮行会も行われ、こちらの学年代表はサッカー部との「行学二道」を貫いた、倉澤君が務めてくれました!
「今まで支えてくれたすべての人に感謝して頑張りたい」という温かくも力強いコメントを送ってくれました。

頑張れ、佼成学園受験生!

 

今年もやりました、浪人生ホームカミングデー!   2016-12-13 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

少し遅ればせながらの更新になります。

昨年度から定着した12月の企画。「出願レクチャー」「大学相談会」「願書配布会」「浪人生ホームカミングデー」を同日一挙にやってしまうというもの。高3生は試験終了後に学年集会を行い、学年主任から冬期講習や3学期の生活についての話があり、そのまま一般受験生は文系と理系に分かれて今年度の動向を踏まえた「出願レクチャー」に。そして、「併願校」という珍しいコンセプトでお招きに応じて下さった16大学のブース説明に多くの生徒が参加しました。

第一志望ではなく「併願校」を選定するというのは大学受験において意外に大切なプロセスです。確かに第一志望の大学に合格し、入学できるならそれにこしたことはないのですが、現実に高3の4月の模擬試験で第一志望に記入した大学に入学している受験生はわずか5%(予備校調べ)だそうです。だからこそ、実際に自分が行く可能性がある大学について、偏差値だけでなく大学のことを少しでも調べてから受験してほしいのです。幸い、そうした多少失礼にもあたるお招きにご理解下さった大学の方々は、熱心に生徒に説明をしてくださっていました。いいご縁が結ばれるといいのですが。

さて、浪人生ホームカミングデーも今年で5年目。今年も忙しい(?)浪人生ですから時間差はあったものの、30名近くが顔を出してくれました。旧担任の先生たちからそれぞれに懐かしい「お説教」をもらい、同学年でチューターをしている飯田君の「慶應義塾大学の飯田です」という自己紹介に和気あいあいのブーイングを投げかけながら、和らいだ表情で帰って行きました。高3生とは「ライバル」になりますが、是非みんなで合格を勝ち取ってきてほしいものです。

頑張れ、佼成受験生!

 

運動部生徒のための進路選択ワークショップ実施!   2016-11-07 | 佼成学園の進路指導, 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

11月5日(土)に「スポーツに注力している生徒のための進路選択ワークショップ」を実施しました。昨年から始まったこの企画の講師としてお招きしているのは、本校では総合学習などの講演でお馴染みの進路づくりプロデューサー・倉部史記氏。倉部氏が本校の「運動部生徒だけのクラス」を対象に考えてくれたオリジナルプログラムによる贅沢なワークショップです。

img_3946img_3956

当日はアイスブレイクから始まって、大学の授業とはどのように受けるのかを身体でわからせるエクササイズ。そして、スパゲッティと紙テープ、そしてマシュマロを用いた構造物作製(4人1組)を行うという、TEDにもある世界的に有名なアクティビティを実施。トライアンドエラーの重要性について考えさせる試みに生徒も熱中していました。

 

14902884_892463717520358_5321679292422286281_o img_3961

そして、本校において 過去3年間のスポーツクラスの先輩の進学先とその中退率を示して考えさせたり、スポーツ系の学部や学科が一見スポーツ学科という冠を付けていない大学などを紹介してくれたり、多くのワークを通じて、やや特殊な立場で大学を選ぶことになる生徒たちは様々に思いを巡らせたようです。生徒の感想にも、大学選びや学部選びについて「真剣に考える」「深く考える」ことの大切さに触れているものが多く見受けられました。

今回は倉部氏だけではなく、NEWVERYの新鋭・西村氏の経験談なども生徒には大いに刺激になってようです。長時間にわたる企画、本当にありがとうございました。

img_3954

本校の進路は多様です。けれども、多様な生徒の多様な進路を一緒に考えるために進路指導部では今後も様々な取り組みをしていく予定です。

 

 

史上初「自習室合宿」実施!   2016-09-19 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

文化祭前週の三連休でしたが、高校3年生にとってはまさにかき入れ時。指定校推薦の学内選考も進み、一般受験に向かう生徒たちにとってはいよいよ勝負の時期が迫ってきました。

佼成学園の自習室が設置されて今年で8年目になります。これまで多くの先輩たちが高3専用の「自習室」で仲間たちと切磋琢磨しながら自分の未来を切り拓いてきた歴史は、進路指導部室の周辺で口伝として語り継がれてきました。いつしか自習室を基地として受験勉強を進める生徒たちは「自習室組」と呼ばれるようになり、佼成学園における受験生活の中核を成すようになりました。

ところが、女子校との合同企画であるトップレベル(TL)講習がスターとすると、次第に「自習室組」が私立大学志望生徒が中心になり、以前とは少し異なる風景になったのです。近年、国公立大学志望者が大きな成果を上げる中で今ひとつ伸び悩んでいた「自習室組」に、もう一度自習室黎明期の活気と勇気を取り戻してもらうべく、高3学年で「自習室合宿」を企画しました。

恒例のTL秋合宿の「裏番組」として第二団参会館を使って実施したこの合宿は、学年の先生の講習に加えて、TLでも講座を担当していただいている人気予備校講師である佐藤先生を「夜間特別講義」の講師として招聘し、一泊二日の濃密なものとなりました。夜間は狭い研修室に26名の志高き男子が集結した姿はまさに壮観。これまでのんびりとした勉強をしていた生徒や、勉強の成果がなかなか点数に結びつかず悶々としていた生徒たちが、目の色を変えて講義に釘付けになっていました。あるいは、深夜の2時近くまで講師の先生に質問をしてきたり、自習部屋で集中している生徒の姿が目立ちました。

生徒たちがここから奇跡の追い上げを見せて多くの生徒が希望を進路にたどり着くのだとしたら、もしかしたらこの合宿が「伝説の合宿」になるのかもしれません。今後は「自習室組」から再び目が離せなくなりました。頑張れ受験生!

img_3283 img_3285 img_3269 img_3286 img_3275 img_3290 img_3291img_3271img_3293

 

男女両校合同大学相談会開催!   2016-09-09 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

9月7日は佼成学園の創立記念日。男子校の隣にある大聖堂にて恒例の創立記念式典が厳かに行われました。

毎年この日は年に1度だけ男女両校の全校生徒が集合する日です。そこで、せっかく男子校・女子校の生徒が一堂に会するなら多くの大学を招いて「大学相談会」を合同で実施したらどうだろうかと、数年前から計画を立ててきました。大学選びは年々難しくなってきていますが、生徒たちの進路選択の方法もまちまちです。オープンキャンパスに出かけたり、インターネットで情報を得たり、進路指導部室で大学案内を見たり。あるいは本校ではチューターの先輩に直接話を聞いたり、WCV(ウイークデイキャンパスヴィジット)に参加したりなどというケースも少なくないでしょう。ただ、第一志望の選択に意を用いる生徒も、「併願校」についてはほとんど「偏差値ランキング」や「何となくの印象」で選択しているケースが目立ちます。

進路選択というのは究極的には「運と縁」が左右するものだと思います。けれども、その「縁」が自らにとって「良縁」として結ばれるためには短慮や思い込みは禁物です。相手(大学)の心に耳を傾け、自らの心を問い直し、時に比較検討することで世界が開けてくる。あるいは自分自身が何を望んでいるかを再び明らかにする確かな契機となるのです。生徒たちの進路選択に関してそんなことを考える機会を得てほしいと思い、企画したのが「男女両校合同大学相談会」です。

男子校と女子校では目指す大学のいわゆる「ボリュームゾーン」が微妙に異なっています。ところが、こうした相談会を合同で行えば、普段であれば目にすることのない大学の窓口に接することで、進路選択についての自分の考え方が相対化される生徒が多いはず。更に男女両校の大学生チューターがリアルな「大学の今」を語ることができたら、それは大いに刺激になるのではないかと考えました。生徒たちは想像以上に熱心に大学の話に耳を傾けてくれました。大学の校風、学問領域、入試制度など話は多岐に渡り、現在取り組んでいる受験勉強の意味づけが浮かび上がる瞬間もあったようです。

男子校では男女が入り交じる珍しい光景でしたが、両校の生徒たちはそれぞれの未来に向けて多くの大学の窓口を覗くことができたようで満足そうでした。気持ちを新たに受験勉強の終盤を乗り切って欲しいものです。
14316953_1152419864837937_2158482836924816234_n 14292422_1152419891504601_8145538845204141996_n 14224848_1152419901504600_6139133556197352197_n 14225516_1152419941504596_4709291373568054350_n 14264846_1152419968171260_4083810196666305651_n 14199445_1152419978171259_7948461999328560800_n 14102763_1152420024837921_7480003374354997611_n 14317348_1152420058171251_2314611562976002311_n 14232663_1152419854837938_6512501526503081277_n

 

入試慰労会2016   2016-03-18 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

卒業式を間近に控えた17日、恒例の大学入試慰労会を行いました。
高校3年生は、卒業を前に大学入試が一通り落ち着き、これからの進路が見えてくる時期です。どんな進路を目指し、どんな方法でその道を歩き、結果がどうであろうとも、ここまで頑張ってきたことを労い、たたえようとこの会が企画され、7回目となります。今年も多くの高校3年生が集まってくれました。

P1080507 P1080510

まずは、後輩たちのために自分の大学受験の記録を残します。この記録は今後、合格体験記として皆様にご覧いただく機会もあります。
それだけに、時間をかけてじっくりと記録を記入しているようでした。

P1080550  DSC_0263

学校長からの生徒達へのねぎらいのことば、学年主任による挨拶がありました。
「僕たちがみんなといれるのもあと少し。今日は存分に楽しんでください。」
学年の教員が作成した高校3年間の振り返りのビデオも上映され、乾杯を前に慰労会は盛り上がりを見せました。

P1080560 P1080565

生徒代表により、乾杯のコールが行われ、歓談が始まります。
久しぶりの友人との再会を懐かしむ声、先輩や先生との残り少ない時間を写真に収める生徒、思い思いの時間を過ごしました。

P1080571 P1080577
P1080585 P1080644

後輩たちへのメッセージを寄せてください、ということで設けられた桜の木にも、たくさんの声が寄せられ、木を彩る花となりました。

P1080666 P1080667

慰労会の軽食を手配してくださった売店より、今年もアイスとケーキがふるまわれました。
大学受験においても、学校生活においても、私たちは数え切れないほどの人の支えによって成り立っているんだ、ということを感じさせます。

P1080521  P1080631

人それぞれに、様々な春を迎えようとしています。その形は一人一人違えども、この入試慰労会に、佼成学園に集った全ての高校三年生に共通して流れていること。それを再び確認し、その意味に感謝する機会が「入試慰労会」だと言えるでしょう。
佼成学園に生徒が集い、卒業していくという営みがある限り、この「入試慰労会」は歴史をさらに積み重ねていくのでしょう。

高校3年生の皆さん、お疲れさまでした。

 

センター試験壮行会2016   2016-01-14 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

1月13日、恒例の「センター試験壮行会」が実施されました。受験生にとっては本番前にみんなで顔を合わせる最後の機会。事実上の「出陣式」となりました。

週末に控えたセンター試験に向けて、先生方からは温かな「激励」や一風変わった独特の「アドバイス」など、それぞれの授業を彷彿とさせる心のこもった言葉が投げかけられました。
生徒諸君は胸の内には様々なものが去来していたかもしれませんが、仲間たちと一緒にいる時間はとても落ち着いており、柔らかな表情の生徒が多かったように見受けられました。

DSC_0033 学校長:榎並先生

私が受験生諸君に毎年伝えているのは、「人事を尽くして天命を待つ」ということ。皆さんはこれまでしっかり勉強してきたのだから大丈夫です。また、私の好きな言葉に「強い意志と明るい笑顔には奇跡の力がある」というものがあります。どうか当日には明るい笑顔で頑張って来て下さい。

DSC_0042

学年主任:井上先生

受験を目前に控え、嫌でたまらない人もいるかもしれません。しかし、その時に嫌で仕方なかったことが、自分自身の成長の糧になるのです。センター試験は皆さんにとって最初の壁。頑張って乗り越えて欲しい。苦しい1ヶ月になりますが、成長できる1ヶ月でもあるので、「苦しい」と思わず「楽しさ」に代えて頑張ってもらいたいと思います。
DSC_0049

進路担当:荻原先生

「受験上の注意」(手引き)は熟読すること。終わったことに悩むことはしないで、受け終わった科目のことは忘れよう。そしてセンターリサーチは必ず来ること。試験会場では、その場で1番頭がいいのは自分だと思ってください。それから厳しい局面では「玉」を握ってください。男というのははそれが1番安心するものです。
DSC_0046

英語担当:井上先生

今年は新課程なので難化するでしょう。センター試験は形式が変わったとしても、求められているものはほぼ同じ。難化しても慌てないで。時間との勝負になりますが、時間がないときは思い切って先に進む勇気を持とう。昨年度の追試の傾向が今年の試験に反映する可能性が高い。第5問で物語文の復活があるかもしれない。残り数日で対策しておこう。センター試験の物語文は傾向が似ているのでしっかり見ておけば大丈夫。

 DSC_0058

数学担当:浜田先生

試験では思いの強い人、プライドを持っている人が本番で力を発揮するものです。また、試験本番で自分が難しいと思ったら平均点も低いことが多いので、自分ができる問題をしっかりと解いていくこと。
DSC_0063

国語担当:大曲先生

数学で偶然答えが合うことはないけれど、国語は5択なんだからチョロい(笑)。60%は自力で解いて、残りは鉛筆を転がせ。鉛筆の優秀さに頼れ(笑)。人はあてにするな、試験会場で自分だけを信じて。
DSC_0066

社会担当:小平先生

野球の世界では、オープン戦が模擬試験です。社会科目は開幕戦の先頭バッターのようなもの。直前まで伸びる科目でもありますので、粘り強く取り組み、時間が余ってもしっかり見直しをしよう。
DSC_0071

理科担当:秀島先生

授業中に配布した表などを最後まで見ておくように。皆さんが学んだことの中から答えがある。登山は勉強に似ていて、君たち自らが自分の足で頂上を目指してほしい。登山口から頂上が見える山などないので、しっかりと歩き続けてください。

DSC_0084

太田チューター

センター試験は大切ですが、気負ったらよくありません。普段の模試のノリで気軽に受けてきて下さい。とにかくいい意味で開き直ること。これまで緻密に準備をした人間にだけ成功がある。ドンケツでも合格すればいいのだから、自分が納得できるように残り3日間頑張って下さい。

今年度、生徒代表決意表明は北岡君でした。「みんな立ちましょう!」と早速全員を起立させたかと思うと「佼成男子なら恐れることは何もありません。体調管理と、何か予想外のことが起こったときも決してあわてずに自分の力を発揮することです。さあみんなで行きましょう。佼成男子であるならば男を見せるときです。恐れることはない!」

全員で唱和すること三度。最後は高らかに志望校合格を表明してくれました。
センター試験、そしてこれから始まる入試本番での、佼成学園高校3年生の健闘を祈ります!
 

国公立大学でのWeekday Campus Visit (WCV)に参加しました   2015-12-22 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

NPO法人NEWVERYが主催する、国公立大学でのWeekday Campus Visit (WCV)に本校の難関国公立コースの高校1年生・国公立クラスの高校2年生の希望者が参加しました。
場所は東北大学・北海道大学・京都大学の3カ所。期末試験直後で忙しい時期でありましたが、生徒達は皆、意欲的に取り組みました。
国公立大学での実際の学びに触れて、また全国から集まった同世代の高校生との交流ができ、刺激的な1日を過ごすことができたのではないかと思います。


東北大学工学部での様子

北海道大学での様子

京都大学での様子

京都大学校門で、ぱちり!
 

浪人生ホームカミングデー2015実施!   2015-12-10 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

浪人生ホームカミングデーが実施されました!

このホームカミングデーは、卒業後も浪人生のケアを学校としてしていく、「ふるさと」としての学校を体現する機会として、年に一回設定されています。

今年も多くの浪人生が母校へ帰ってきてくれました。担任をしていた先生方や、卒業後チューターとして活躍している同級生も交え、短い時間でしたが友人や先生方との再会を楽しみ、今後の大学受験に関する相談や、激励を受けました。また、校長も会場を訪れ、エールを送りました。

また、今回は大学相談会も同日に設定されており、浪人生も現役の生徒に交ざって各大学のブースで相談をしたり、資料を収集する場面もありました。

浪人生の皆さんは、いよいよ受験本番を迎えますが、体調に気をつけてがんばってください!

image3 image1

DSC_0006

 

夏季トップレベル合宿開催!   2015-08-22 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

佼成学園女子高等学校との男女両校合同「トップレベル講習」の夏季合宿を校内で行いました。
本校からは各学年の国公立クラスから55名、女子校から17名の生徒が参加。 また、今春卒業の一期生がチューター5名に加え5名と、大学に進学した全員が参加しました。
プログラムは講師の方による講義を中心に、夜はエンカウンターやチューターとの交流を行いました。 生徒同士やチューターや教員・講師とのコミュニケーションの時間が確保できたことは生徒からも好評でした。

夏季TL合宿2015

 

参加者限定コンテンツはこちら

 

東大に入ろうゼミ   2015-05-14 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

5月9日(土)に「東大に入ろうゼミ」が実施されました。

2年連続で東京大学に現役合格した太田チューターと飯田チューターが、それぞれ自身の高校生活や現在の大学生活などについて、ゼミ形式で随時質問を受け付けながら講演を行います。高校生だけでなく中学生や先生方も多く参加しており、教室は大盛況でした。

DSC_0006 DSC_0022

それぞれのチューターから話を聞くうちに、生徒達も「思っているよりも東大が身近な存在である」という印象を持ち、勉強に対するモチベーションが向上しているように見受けられました。