センター体験記~小笠原チューター~
2019-11-15 | チューターの部屋

小笠原慶伍 明治大学 情報コミュニケーション学部1年

受験科目:英語、国語、世界史 

受験会場:國學院大学

 

・センター試験はあなたにとってどのような位置づけでしたか?

私大受験に向けて試験慣れするための絶好の機会でありつつも国公立大学も出願しようと思っていたのでセンターでの得点比率の高い英語だけは絶対に高得点を取らなければならない試験という位置づけ

 

・いつ頃から対策を始めましたか?(できれば科目ごとに教えてください。)

英語:普段の単語、熟語、文法、解釈がセンター形式の対策に直結していた上学校で受ける各種模試等もセンター形式だったため、これ以上の対策は必要ないと思い特に対策はしていない

国語:12月ごろから。私立の対策と5:5の割合でやっていた。

世界史:英語と同じで普段の勉強、模試がセンター対策に直結していたため、年明けから。

 

・一番力をいれて対策をした科目は何ですか?理由も含めて教えてください

国語

現在の国語の試験において最も時間制限が厳しい試験で現古漢まんべんなく演習できる上、現代文、古文に関してはレベルの高い問題に触れることができるため、秋以降センター形式の問題集も含め対策していた。また個人的に英語、世界史に比べて安定して高得点を取ることが難しいと感じていたため対策が必要だと思ったから。

 

・試験本番はどのような心境でしたか?

センター利用で取るのは科目数的に厳しいと思いセンター利用は1つしか出していなかったため気楽にできると思っていたが、いざ行ってみたら人数の多さからか割と緊張していた。あと、豆知識なんですけどセンター利用は出願をセンター試験の後にできる学部もあるため、頭の片隅に入れといてもらえればと思います(青学とかもあるヨ!)

 

・試験本番に向けて、何か心掛けていたことはありますか?

私立受験生に関しては直前は二次試験の対策だけ、センターの対策だけにならないようにバランスよく過去問演習していくこと。国立受験生は科目数も多いので直前はセンター対策だけでもいいと思います。

 

 

・センター試験でのエピソードがあれば教えてください。

友達と会場に向かうバスに乗るためバス停に向かっていた時、緊張からか自分だけ全然関係ない方向に向かって歩いて行っていたこと。(心配な人は事前にルートを確認してもいいかもしれません)

席に着いたら後ろに同じクラスの友達がいたこと。(このおかげでかなり安心して試験に臨むことができた)

センター壮行会で試験の間やお昼休みは試験の内容については話してはいけないといわれていたが英語のリスニングの問題が気になり過ぎて友達に相談したところ、友達同士で意見が割れ、廊下で軽く討論になってしまったこと(笑)

 

・センター前日はどう過ごしましたか?

本番と同じ時間割で過去問を全科目一通りやっていた。余裕がある人は省いていいかもしれません。あとは前日の夕食、当日の朝食には気を付けて早く寝ました。意外とこういうの、大事です。

 

・センターに向けて、模試はどう活用していましたか?

どの教科においても基礎の確認となる上、形式はセンターに酷似しているのでセンター対策と思って真剣に望んでいた。

あとは試験時間も全く同じなので時間配分も意識してやることに意味があると思っていた。

本番で失敗しない様ここでたくさん失敗しといた方が良いと思う。

 

・センターの試験中に気を付けていたことは、なにかありますか?

時間配分といつも通り平常心で臨むこと(急に点数が爆発的に上がることはないため特別なことはしないようにしようと思っていた)

 

・センター試験の休憩時間はどうすごしていましたか?

おしゃべり 試験の話はしない方が良い

お昼の時間はそんなに長くないので呑気に外食する時間はないです。普段の学校と変わらず佼成のメンバー?でお弁当を食べながら楽しくおしゃべりすると午後からも落ち着いて望めると思いますヨ!

 

インタビューありがとうございました!

記事ページ
Copyright (C) 2010-2018 KOSEI GAKUEN Junior & Senior High School