センター体験記 ~布施チューター~
2019-12-17 | チューターの部屋

・名前 布施蒼太郎

・受験型 理系5教科7科目

・受験科目 国語、数学I・A、Ⅱ・B、英語、生物、化学、政治経済

・受験会場 東京農工大学

 

・センター試験はあなたにとってどのような位置づけでしたか?

国立を第一志望にしていたため、落とすわけにはいかないテスト。

・いつ頃から対策を始めましたか?

本腰を入れ始めたのは11月を過ぎてからだが、生物や国語などは夏休みごろから夏季講習などを利用して対策を入れ始めた。また、数学と国語の比重が同じかつ、私大の受験では数学の代わりに国語を使えたので数学よりも得意な国語に力を注いだ。

・試験本番はどのような心境でしたか?

気が付いたら当日になっていたが、もう受ける以外の選択肢がなかったので目の前の問題に挑むようにした。

・試験本番に向けて、何か心掛けていたことはありますか?

国語は評論・小説・古文・漢文の4分野に分かれており、時間配分をミスるとすべて解ききれなくなるので手元の時計を意識した。

 

・センター試験でのエピソードがあれば教えてください。

1日目

東小金井までは時間がかかるのでお気に入りの音楽を流しながら単語帳を確認しながら会場に向かった。

一科目は現代社会を受験したが15分ほどで解き終わり、余った時間で政治経済も解いた。最終的には政治経済の方が手ごたえがよかったので政治経済を解答科目として提出した。

お昼の時間は国語の古文単語を確認しつつ、Twitterを監視していた。

二科目目は国語だったのだが、小説の問題の舞台が農工大から近い是政辺りだったのは驚いた。また古文の問題文がかなり話題になったのだが、試験後すぐにtwitterを開いたのは言うまでもない。

三科目目の英語の筆記は問題なく進行したのだが、問題はリスニングの開始時に起こった。センターのリスニングはICレコーダーなる特殊な機械を使用するのだが、あろうことか試験官は説明手順を間違えて説明してしまった。ICレコーダーは回収されて、問題用紙も回収されてしまった。「このままで待っていてください。」この一言だけで長い待機時間が始まった。一度問題用紙を配布されているので自分が見れるものは鉛筆と腕時計、受験票だけだった。トイレに行くのにも試験官の引率がないと用を足せないとのことだった。結局試験が始まったのは70分後。たった一つのミスでこれだけの時間が奪われたのだ。

 

その後、試験は再開されたが第一問があの有名な野菜たちが登場する問題で問題冊子を引きちぎりたくなったのは当然だろう。

帰りは惨めな気持ちでうどんを食べ、今日のトラブルについて検索したが全受験生(57万人)のうちの96人に当たる爆運であった。普段は確率3%(某ゲーム)と格闘しているのだが、それより大幅に低い確率で、宝くじで100万円 当選する確率(0.001%)とほとんど変わらない確率である。自分の中ではセンター試験はここで終了した。

2日目

 昨日のリスニングのことをかなり引きずっており、平静を保っているように見せかけていたが穏やかではない心境だった。本来であれば数学と理科という理系にとっては生命線である教科が連続してやってくる重要な日ではあったがモチベーションを保てずにいた。

 もともと数学は得意ではなく、自分の中では国語>数学という位置づけであったのでそこまで重要視していなかった。そのため気が付いたら数学は終わっていた。

 次の理科は第一解答科目の生物は二次試験でも使用するため、この科目だけは全力で取り組んだ。得意科目であったため、それなりに手ごたえは良かった。第二解答科目の化学は不安な分野がまだ残したところが多かったのでそれほど良い手ごたえはつかめないまま二日間のセンター試験を終えた。

エピローグ

 センター試験の後はすでに電気通信大学をおさえていた生玉と新宿でちゃんぽんを食べた後にカラオケに向かった。その場の流れで理科を自己採点してしまったのだが予想以上の出来の悪さに絶叫してしまったことを覚えている。慰めてくれた生玉、彼はいいやつだ。

 

・センター前日はどう過ごしましたか?

登校して二次試験の対策と、国語の過去問を解いていた。

・センターに向けて、模試はどう活用していましたか?

模試の結果を踏まえながら目標点に届くようにどの教科に力を入れるべきかを見定める判断材料に使っていた。

・センターの試験中に気を付けていたことは、なにかありますか?

前述の国語の時間配分は意識した。あとは便意がこないように祈っていた。

・センター試験の休憩時間はどうすごしていましたか?

トイレ等必要最低限やるべきことは済まして、教室の外に出て友達と話をしていた。

 

最後になりますがセンター試験は想定外の理不尽なトラブルが起こることがあるので強靭なメンタルがモノを言います。くじけずに頑張ってください。

記事ページ
Copyright (C) 2010-2018 KOSEI GAKUEN Junior & Senior High School