理科
  
理科主任 石井 学

 

○ 教科より

理科的な視点で自然を見る目を育てたい。これが私達の目標です。
そのために、まずは自然に「触れる」こと。次に、自然のしくみについて「考える」こと。
私達は、そのような場所を提供するためにベストを尽くします。

 

○ 佼成学園の理科教育

ナゼの原石を見つける力 ナゼの原石を拾う力 ナゼの原石を磨く力 を育てる

中学では、できるだけ多くの素材に触れ、実験や観察の基礎的な事項から標本や模型の制作、実験レポートの作成を行うことから始めます。そして、自然をより理科的な視点で見つめて、その中のナゼに気付いて考えるために自然のしくみをじっくりと学びます。

高校では、中学で培った基礎的な知識や技能を、物理・化学・生物・地学という専門的な科目に分けてさらに深めることで、論理的思考力を育てます。意欲ある生徒に対しては、希望する研究テーマを実施できる環境を提供し、高校生として科学論文を作成するための指導も行っています。過去には高校生の科学論文コンクールで入賞したこともあります。

 

○ 大学受験指導

理科を受験の切り札にさせる

大学受験はラッキーパンチの無い完全な実力勝負となる競争試験です。それに勝ち残るために必要な実力・・・それが基礎力です。この基礎力には「知識力」,「計算力」,「データ分析力」,「考察力」などがあります。このいずれもが一朝一夕で身に付くものではありません。受験指導に携わるスタッフはその点を意識して指導にあたります。

 

○ お薦めの参考書・問題集

★問題集について★

「○○の問題集を使ったから合格する」ということはありません。問題集の演習は「自分が出来ない問題」を見つける作業です。従って、「この問題集を何周したら大丈夫!」なんて馬鹿なことはありません。特に問題集については、自分が使いやすい一冊を決めて完璧にすることが目標です。

★センター試験について★

大学入試センターは数年前より「過去問」を出題することを明言しています。このことが意味することは「大学入試センターが過去問演習に教育的な意義を見出しているということ」です。つまり、センター試験対策において過去問演習に勝るものはありません。当然、参考書は「教科書」です。本試験と追試験をあわせて『本物の試験問題』を過去10年分以上じっくりとやり込んでください。どの過去問を抜き打ちで迫られても満点を獲れる状態を目標にして欲しいと思います。各予備校の模擬試験問題はあくまでも模擬・・・『偽物の試験問題』です。従って、以下には国公立二次,私大の受験生を対象にした紹介をさせていただきます。

参考書→多くの受験生に広く支持されているものです。

問題集→いわゆる定番の問題と流行の問題の演習を効率よくできるものです。

 

《物理》 

参考書
★ チャート式 新物理(数研出版)

問題集
★ 書いて覚える 必修サブノート 物理Ⅰ・Ⅱ(旺文社)
★ 良問の風 物理ⅠⅡ頻出・標準問題集(河合塾SERIES)
★ 物理重要問題集(数研出版)

 

《化学》

参考書
★ チャート式 新化学(数研出版)
★ 理解しやすい化学ⅠⅡ(文英堂)
★ 照井式解法カード
-理論化学の最重点-,-無機化学の最重点-,-有機化学の最重点-(大学受験Vブックス)
★ 理系大学受験 化学ⅠⅡの新研究(三省堂)※難関校受験生対象

問題集
★ セミナー化学ⅠⅡ(第一学習社)
★ 鎌田真彰の化学理論化学-合格点への最短距離(旺文社)
★ 福間智人の化学無機化学-合格点への最短距離(旺文社)
★ 鎌田真彰の化学有機化学-合格点への最短距離(旺文社)
★ 化学重要問題集(数研出版)
★ 理系大学受験 化学ⅠⅡの新演習(三省堂)※難関校受験生対象

 《生物》

参考書
★ 大森徹の最強講義 生物ⅠⅡ 117講(文英堂)
★ 生物Ⅰ合格39講・生物Ⅱ合格33講(大学受験Vブックス)

問題集
★ 生物Ⅰの必修生理ノート,生物Ⅱの必修生理ノート(文英堂)
★ 基礎徹底問題集 生物ⅠⅡ(駿台出版)
★ センター試験生物攻略64(代々木ライブラリー)
★ セミナー生物ⅠⅡ(第一学習社)
★ 大森徹の最強講義 生物ⅠⅡ117講~問題集~(文英堂)