センター試験壮行会2016   2016-01-14 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

1月13日、恒例の「センター試験壮行会」が実施されました。受験生にとっては本番前にみんなで顔を合わせる最後の機会。事実上の「出陣式」となりました。

週末に控えたセンター試験に向けて、先生方からは温かな「激励」や一風変わった独特の「アドバイス」など、それぞれの授業を彷彿とさせる心のこもった言葉が投げかけられました。
生徒諸君は胸の内には様々なものが去来していたかもしれませんが、仲間たちと一緒にいる時間はとても落ち着いており、柔らかな表情の生徒が多かったように見受けられました。

DSC_0033 学校長:榎並先生

私が受験生諸君に毎年伝えているのは、「人事を尽くして天命を待つ」ということ。皆さんはこれまでしっかり勉強してきたのだから大丈夫です。また、私の好きな言葉に「強い意志と明るい笑顔には奇跡の力がある」というものがあります。どうか当日には明るい笑顔で頑張って来て下さい。

DSC_0042

学年主任:井上先生

受験を目前に控え、嫌でたまらない人もいるかもしれません。しかし、その時に嫌で仕方なかったことが、自分自身の成長の糧になるのです。センター試験は皆さんにとって最初の壁。頑張って乗り越えて欲しい。苦しい1ヶ月になりますが、成長できる1ヶ月でもあるので、「苦しい」と思わず「楽しさ」に代えて頑張ってもらいたいと思います。
DSC_0049

進路担当:荻原先生

「受験上の注意」(手引き)は熟読すること。終わったことに悩むことはしないで、受け終わった科目のことは忘れよう。そしてセンターリサーチは必ず来ること。試験会場では、その場で1番頭がいいのは自分だと思ってください。それから厳しい局面では「玉」を握ってください。男というのははそれが1番安心するものです。
DSC_0046

英語担当:井上先生

今年は新課程なので難化するでしょう。センター試験は形式が変わったとしても、求められているものはほぼ同じ。難化しても慌てないで。時間との勝負になりますが、時間がないときは思い切って先に進む勇気を持とう。昨年度の追試の傾向が今年の試験に反映する可能性が高い。第5問で物語文の復活があるかもしれない。残り数日で対策しておこう。センター試験の物語文は傾向が似ているのでしっかり見ておけば大丈夫。

 DSC_0058

数学担当:浜田先生

試験では思いの強い人、プライドを持っている人が本番で力を発揮するものです。また、試験本番で自分が難しいと思ったら平均点も低いことが多いので、自分ができる問題をしっかりと解いていくこと。
DSC_0063

国語担当:大曲先生

数学で偶然答えが合うことはないけれど、国語は5択なんだからチョロい(笑)。60%は自力で解いて、残りは鉛筆を転がせ。鉛筆の優秀さに頼れ(笑)。人はあてにするな、試験会場で自分だけを信じて。
DSC_0066

社会担当:小平先生

野球の世界では、オープン戦が模擬試験です。社会科目は開幕戦の先頭バッターのようなもの。直前まで伸びる科目でもありますので、粘り強く取り組み、時間が余ってもしっかり見直しをしよう。
DSC_0071

理科担当:秀島先生

授業中に配布した表などを最後まで見ておくように。皆さんが学んだことの中から答えがある。登山は勉強に似ていて、君たち自らが自分の足で頂上を目指してほしい。登山口から頂上が見える山などないので、しっかりと歩き続けてください。

DSC_0084

太田チューター

センター試験は大切ですが、気負ったらよくありません。普段の模試のノリで気軽に受けてきて下さい。とにかくいい意味で開き直ること。これまで緻密に準備をした人間にだけ成功がある。ドンケツでも合格すればいいのだから、自分が納得できるように残り3日間頑張って下さい。

今年度、生徒代表決意表明は北岡君でした。「みんな立ちましょう!」と早速全員を起立させたかと思うと「佼成男子なら恐れることは何もありません。体調管理と、何か予想外のことが起こったときも決してあわてずに自分の力を発揮することです。さあみんなで行きましょう。佼成男子であるならば男を見せるときです。恐れることはない!」

全員で唱和すること三度。最後は高らかに志望校合格を表明してくれました。
センター試験、そしてこれから始まる入試本番での、佼成学園高校3年生の健闘を祈ります!
 

国公立大学でのWeekday Campus Visit (WCV)に参加しました   2015-12-22 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

NPO法人NEWVERYが主催する、国公立大学でのWeekday Campus Visit (WCV)に本校の難関国公立コースの高校1年生・国公立クラスの高校2年生の希望者が参加しました。
場所は東北大学・北海道大学・京都大学の3カ所。期末試験直後で忙しい時期でありましたが、生徒達は皆、意欲的に取り組みました。
国公立大学での実際の学びに触れて、また全国から集まった同世代の高校生との交流ができ、刺激的な1日を過ごすことができたのではないかと思います。


東北大学工学部での様子

北海道大学での様子

京都大学での様子

京都大学校門で、ぱちり!
 

浪人生ホームカミングデー2015実施!   2015-12-10 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

浪人生ホームカミングデーが実施されました!

このホームカミングデーは、卒業後も浪人生のケアを学校としてしていく、「ふるさと」としての学校を体現する機会として、年に一回設定されています。

今年も多くの浪人生が母校へ帰ってきてくれました。担任をしていた先生方や、卒業後チューターとして活躍している同級生も交え、短い時間でしたが友人や先生方との再会を楽しみ、今後の大学受験に関する相談や、激励を受けました。また、校長も会場を訪れ、エールを送りました。

また、今回は大学相談会も同日に設定されており、浪人生も現役の生徒に交ざって各大学のブースで相談をしたり、資料を収集する場面もありました。

浪人生の皆さんは、いよいよ受験本番を迎えますが、体調に気をつけてがんばってください!

image3 image1

DSC_0006

 

夏季トップレベル合宿開催!   2015-08-22 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

佼成学園女子高等学校との男女両校合同「トップレベル講習」の夏季合宿を校内で行いました。
本校からは各学年の国公立クラスから55名、女子校から17名の生徒が参加。 また、今春卒業の一期生がチューター5名に加え5名と、大学に進学した全員が参加しました。
プログラムは講師の方による講義を中心に、夜はエンカウンターやチューターとの交流を行いました。 生徒同士やチューターや教員・講師とのコミュニケーションの時間が確保できたことは生徒からも好評でした。

夏季TL合宿2015

 

参加者限定コンテンツはこちら

 

東大に入ろうゼミ   2015-05-14 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

5月9日(土)に「東大に入ろうゼミ」が実施されました。

2年連続で東京大学に現役合格した太田チューターと飯田チューターが、それぞれ自身の高校生活や現在の大学生活などについて、ゼミ形式で随時質問を受け付けながら講演を行います。高校生だけでなく中学生や先生方も多く参加しており、教室は大盛況でした。

DSC_0006 DSC_0022

それぞれのチューターから話を聞くうちに、生徒達も「思っているよりも東大が身近な存在である」という印象を持ち、勉強に対するモチベーションが向上しているように見受けられました。

 

入試慰労会2015   2015-03-11 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

卒業式を3日後に控えた本日、毎年恒例の「入試慰労会」 が行われました。

5年前より始まった、高校三年生の大学受験での努力をたたえる場。学年の先生方や職員、購買部の方々の生徒に対する熱い想いが形となり、今年は例年より華やかさを増した会場にて、慰労会が行われました。

P1070207P1070200

P1070201P1070204

購買部の方のご厚意によって準備されたケーキも、無事にテーブルに置かれると、会場には続々と本日の主役である生徒達が集まってきました。

P1070223P1070224

髙橋先生の呼びかけによって慰労会が開会されると、まずは榎並学校長からの挨拶があります。
学校長の生徒達をねぎらう言葉に、皆、真剣に耳を傾けました。

P1070309P1070301

そしてとうとうお待ちかねの乾杯タイム。乾杯の音頭は、学年きってのムードメーカー、髙橋くんが務めます。
仲間達からの注目の中、「乾杯!」の声を響かせると、会場は一気に沸き立ちます。
そのまま歓談タイムと相成り、卒業まであと少しという今、久しぶりに再会した友人達との時間をかみしめるように楽しんでいるようでした。

P1070394P1070746

P1070775P1070368

学年の先生によって用意されたDVDも上映。さまざまな思い出や笑い話が込められたDVDに盛り上がりを見せる中、慰労会はクライマックスへと向かいます。

P1070763 P1070759

中学入学から六年間、生徒達を見続けてきた内野学年主任からのメッセージ。
大学受験で桜を咲かせることの出来た生徒にも、今年は無念となってしまった生徒にも、静かに、強く響く言葉でした。

P1070773 P1070767

人それぞれに、様々な春を迎えようとしています。その形は一人一人違えども、この入試慰労会に、佼成学園に集った全ての高校三年生に共通して流れていること。それを再び確認し、その意味に感謝する機会が「入試慰労会」だと言えるでしょう。
佼成学園に生徒が集い、卒業していくという営みがある限り、この「入試慰労会」は歴史をさらに積み重ねていくのでしょう。

高校3年生の皆さん、お疲れさまでした。

 

 

 

新高3学習合宿終了!   2015-03-09 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

先程、新高校三年生の学習合宿が終了しました。今回の合宿は、講習などの都合、校内にて二日間のものでしたが、受験生としてのベースメントとなる自習室をフル活用しての自学自習や、チューターによる受験へ向けての学習の指針についてのレクチャーなど、コンパクトな分充実したものとなりました。参加した生徒達も集中して様々なことに取り組んだことで、参加前とは違った真剣な顔を見せて帰路につきました。

P1070090

また、今回の合宿を持って、川上チューターが引退しました。彼は在学時代野球部と受験の経験で培った持ち前の熱さで、いつも生徒に檄を飛ばしつづけてくれました。四月からは社会人となりますが、佼成学園での経験を活かし、より一層の活躍を願うばかりです。

 

センター壮行会!   2015-01-16 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

1月14日(水)、センター試験前の最後の登校日に「事実上の大学受験壮行会」として、恒例の「センター試験壮行会」が実施されました。この企画も6回目となり、伝統になってきました。受験生に寄せられた、各先生方およびチューターからのメッセージを紹介します。

校長

榎並学校長

私の好きな言葉は「人事を尽くして天命を待つ」。
皆さんも頑張ってきた自分をとことん信じて、落ち着いて頑張って欲しい。

 

kagonma

内野学年主任

人生を旅やマラソンにたとえることがある。旅もマラソンも、経験してみなければそれがいい比喩かどうか分からない。だからそれも経験した方がいい。人生を戦いにたとえることもあるが、それが正しい比喩かどうか分かるのも、戦った者だけだ。戦いの前に身体や心が自分の思い通りに動かない経験をしたことがあるだろう。気持ちが盛り上がりすぎて身体が動かなかったことがあるかもしれない。熱いところがなければならないが、冷静でなかったら勝てるわけがない。

「もっと時間があったら」と思っている者もいるかもしれないが、そう思っても必ず戦いの時間はやってくる。ここから先、君たちを大きく左右するのかは「心」。どれだけ熱く、どれだけ冷静に試験会場に向かっていけるかが勝負だ。勝っている自分を想像しろ。勝ったことの想像をしない者に、勝ちが訪れるわけがない。負けると想像している者が勝てるわけがない。これで大丈夫と思える自分の心の状態を整えて勝負に臨むように。

内山

内山(受験上の注意)


受験は本当に予期せぬことが起きてしまいます。受験上の注意をしっかりと確認しよう。もし当日、持ち物などを忘れてしまったなど困ったことがあったら係の人に聞いてみること。勝手な判断で自分を最悪の状況に追い込まないように。また、会場にはいろんな人がいるので、他の人が気になって自分のペースを乱されないように。

白岩

白岩(英語)

中1の時やった「ニュートレジャー」(教科書)を思い出してほしい。「ハロー」から始まったよね。そんな君たちが、今や人によっては東大や早慶を狙うところまできている。6年間やってきた自分たちの英語の成果を出してください。試験で眠くて寝てしまった、手を抜いてしまったということも6年間の成果になります。残り三日間、読み慣れた「ネクステ」中心に基本をしっかりやっておくように。陰ながら応援していますので、ベストを尽くしてください。

安國

安國(国語)

私はセンター試験のとき、初日、苦手だった英語で高得点が取れてしまって、「これは勝った!」と思ったら、二日目の得意の国語で大失敗。中学時代ソフトテニスの試合でも三セット連取の後逆転負けをしたのが苦い経験。

勝てると思ったら負けます。「勝った」という安心感を持ってはいけない。「勝とう」という気持ちを持つ。「勝てる」と思った瞬間、力が抜けてしまう。


国語という科目は気持ちに最も影響を受けやすい。自分の気持ちが冷静じゃなければ、文章に書いてある気持ちを読み取れるわけはない。気の乱れが、ペースの乱れに、そして全ての乱れに繋がってしまう。最も頭を冷やしてやらなければならない科目。困ったときは「黙想」してみよう。

杉本

杉本(数学)

数学は一番最初の問題を間違えるとその大問ごとごそっと落としてしまう。だからこそ、問題用紙の注意事項をよく読んで、心を落ち着かせよう。どんな問題が出ているのか、楽しむつもりで見てみよう。

ⅠAは整数問題が初出題となるが、簡単な問題が出るかもしれない。自分に余裕を持とう。

ⅡBは時間がないから、テンポ良く・手際よく。計算は左から詰めて書くように。自分がどこを解いているのか分かるように落ち着いて問題を解くこと。

当日は、見知らぬ土地で見知らぬ人と接する時間になるが、もし可愛い女子が近くにいても、気を取られることがないように。大丈夫、その子は君たちのことを何とも思っていないから(笑)。

秋山
秋山(物理)
新課程で問題数が予測できないので時間配分がカギになる。分からなかったらどんどん先に行こう。新課程と旧課程は問題冊子が一緒なので、誤って旧課程の問題を解かないように。
試験中にカラスが鳴いてキレていた受験生がいるので、彼のようなみっともないまねはしないように、そして何事にも心が乱されないように。それから、予想問題を用意したので、直前対策でじっくり解いていきましょう。
永田
永田(化学)
覚えてすむものは覚えたらいい、といつも言っているが、今からでも覚えられることがあれば、それはすぐ力になる。
新課程の傾向はズバリ、「わかりません」(笑)。余計な先入観ではなく、自分が見たものを信じて取り組んでください。
残り三日間、健康を第一に無理をすることなく頑張ってください。
上野
上野(生物)
じっくり落ち着いて文章をよく読んで答えよう。「何を聞いてるか」をしっかり考えること。いったん全体を見て、戦略を立ててから解き始めるように。
文系は知識勝負になるので、簡単な知識で落とさないように。また科目の時間配分をしっかりすること。
理系は範囲が広くなる。大変な状況ではありますが、生物組はこれまでの模試の結果から見ても佼成学園史上最強です。自信を持って堂々とやってください。
理科一科目受験者は空き時間が2時間もあるので、有意義に使うように。
河野
河野(世界史)
センター試験は地歴からスタートする。試験後すぐに答え合わせをして一喜一憂しないように。もし「やばいな」と思っても、他の教科に影響してしまわないように気持ちを切り替えよう。落ち着いて問題に取り組めるよう、よく睡眠をとってから臨んでほしい。
佐藤和
佐藤和(日本史)
試験では出題者の意図を読むのが鉄則。「一つの側面」はありえない。いろんな側面から見るようにしよう。
君たちには4つ5つの選択肢の中から2つに絞り込めるだけの能力がある。だから最後まで諦めずに頑張ろう。
佐島
佐島(地理)
とりあえず、第一科目に集中して、余力があれば二科目目を見る。地歴は一番最初の科目なので、慎重に。
今回3つの試験会場の中で2つは駅から人の流れでたどり着けるが、もうひとつの東京学芸大では、駅から遠いため、バスが混むので時間に余裕をもって。今日から朝型の生活をしよう。
佐藤
佐藤チューター(自習室チューター)
現役生ということは最大の強み。なぜなら、受験の怖さを知らないから。そのまま突っ込んでいっていい。その怖さの中で合格を勝ち取ることができたら勝ちです。
センター試験が終わったあとのセンターリサーチは必ず来てください。点数がとれなかったからといって、学校に来なくなってしまうようでは負けです。
みなさんの健闘を祈ります。
萩原
萩原フェロー(自習室スタッフ)
自分は自分にしかなることができません。だからこそ、自分の能力を存分に発揮してください。
チューターからのメッセージを進路指導部のホームページに掲載しているので、息抜きをしたい時・元気のない時は読んでみてください。
最後に、こちらも恒例となった生徒代表による決意表明が行われました。今年、生徒代表となった西村君は年明け体調不良に見舞われるというトラブルもありましたが、「プレッシャーを楽しめるやつは強い。俺たちはプレッシャーを楽しめる!俺たちはこの学校で三年男を磨いてきた。勝つのは、『俺たち』!」と元気に力強く決意表明をしてくれました。
 
高校3年生の健闘を祈っています!

 

 

 

 

浪人生ホームカミングデー2014実施   2014-12-11 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

12月11日、本年度の浪人生ホームカミングデーが行われました。
この企画は、例年進路指導部を中心に「浪人生のケアをもっと学校でできたらいいね」などという意見を受けて、2012年より行われているものです。また、佼成学園が卒業生にとってかけがえのない「ふるさと」である、ということを実感できる1つの機会でもあります。

告知が直前になってしまったにも関わらず、今年も多くの浪人生が母校へ帰ってきてくれました。担任をしていた先生方や、卒業後チューターとして活躍している小松崎チューターも交え、短い時間でしたが友人や先生方との再会を楽しみ、励ましを受けました。また、校長も会場を訪れ、「がんばれよ!」と彼らに力強いエールを送りました。進路指導部長による入試動向のレクチャーや高校3年時の担任との出願に関する面談なども行われ、最後の写真撮影では、来春には必ずやみんなで合格を喜び合おう、という決意を新にしたようでした。

P1060953 P1060954 P1060957 P1060958 P1060959 P1060961

P1060963

嬉しいときも辛いときも、いつでも佼成学園はみんなの「ふるさと」です!
またいつでも帰ってきて下さい!待っています。

 

 

高校2年生夜補習!   2014-11-11 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

今年も高校2年生の夜補習が行われています。

運動部の生徒も部活動終了後に出られる特設の夜補習。毎年高校2年生の秋に実施されていますが、今年の高2生もパワフルなメンバーが参加しています。窓の外はすでに真っ暗。普段の講習とはひと味違う、非日常感溢れる教室に集った生徒たちの頑張りに、学年の先生から夜食の差し入れもありました。

夜補習が始めた行われたのは今から5年前でした。思えばそこに集ったアメフト部や野球部の生徒は翌年続々と一般受験で難関大学に合格を勝ち取りました。今年の生徒たちもまだまだ意欲的な取り組みをして20時を越えそうです。
1379321_764190126994248_8519627903112772615_n  1505664_764190130327581_1527019662045771832_n 984233_764190136994247_8051256426640475818_n  10687001_764190133660914_4433986931925239820_n

これもまた佼成学園の新たな伝統になりつつあります。

 

マラソン大会、そしてトップレベル講習!   2014-11-04 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

今日は晴天の中、第50回記念となるマラソン大会が実施されました。

彩湖2週約10キロの道のりは、ほのかに色づいた木の葉が風に揺れる湖面に舞い落ち、生徒たちは美しい景色を横目に走ることになります。高校3年生にとっては最後のマラソン大会。週末の模擬試験の疲れもなんのその、ほとんどの生徒が笑顔で走りきりました。

TL(トップレベル講習)に参加する生徒も4名が30位以内に入賞しましたが、バスで学校に到着するやいなやすぐに女子校に移動して講習を受講します。講習室のフェローからは嬉しいアイスクリームの賞品で労ってもらったおかげか、集中して問題に取り組んでいる様子は頼もしい限りです。昨年の先輩も味わった「マラソン大会後の講習」は新しい佼成学園の伝統になりつつあります。

暮れゆく秋の美しさはそれぞれの高校生活終盤が充実していることを感じさせます。

10365749_910803668932861_2381119769819361544_n 10437737_760289470717647_7198761362034284722_n 10593135_760289424050985_5100780626564888014_n 10802038_760289637384297_957554290280494478_n

 

 

 

男女両校合同・夏季トップレベル合宿を実施しました   2014-08-24 | 進路系行事
     mixiチェック  はてなブックマークに追加       permalink   

佼成学園(以下、男子校)では、昨年より系列校である佼成学園女子中学校・高等学校(以下、女子校)と合同で、難関国公立大学を志望する生徒を対象に「トップレベル講習」を実施しております。今回この取組みの一環として、二回目の合同トップレベル合宿を行いました。

この合宿には、男女両校の難関国公立大学を目指す生徒が、高校1年生から3年生まであわせて60名ほど参加しました。それに加えて、この合宿を支える講師・引率教員・フェロー・チューターといったスタッフも男女両校それぞれから集結しています。春季合宿にひきつづき、東京大学文科三類に現役合格を果たした太田チューターをはじめ、東大受験を経験した迫田チューターなどが後輩たちのために駆けつけてくれました。

P1060644 CIMG3013
高校2年生のセンター数学講義
チューター控室にて

合宿では、女子校に設置された講習室の講師や両校の教諭による講義が中心となりましたが、その他に様々なプログラムも行われましたのでご紹介致します。

まず1日目、高校1・2年生を対象に行われたのは「コーチング」。耳慣れないことばかもしれませんが、人間同士の関係を円滑なものにし、様々な組織が「チームになる」ための取り組みのひとつです。
トップレベル講習には男女両校から様々な生徒が集まります。そして彼らが出会うのは一週間あたり講習のある3,4時間ほど。彼らの生活からしたら、ほんの一部で、交流を持ち、良い関係性をつくるには短い時間です。ですが、トップレベル講習は基本的に高校卒業までの2年ないしは3年間メンバーが変わることはありません。大学受験までを一緒に走る仲間なのです。

だから、良き友として、良きライバルとして刺激し合い、壁を乗り越え、お互いを高め合ってほしい。そのような願いを込めて、講師に現在システム・コーチとしてご活躍されている、元男子校教諭 佐藤扶由夫氏をお招きし、「クラスがまとまるチームになるってどういうこと?」をテーマにワークショップを行いました。

CIMG2907 IMG_0712
「チームになる」ってどういうこと?
エンカウンターの様子

ワークショップは、「チームになる」ということについてのレクチャーののちに、エンカウンターや、生徒に「チームになる」こと、そのために必要な態度を考えさせるプログラムに進みます。下の写真で紹介しているのはそのひとつ、一人ひとりのクラスのまとまり度をことばや数字のジェスチャー無しで伝え合い、見える化するプログラムです。簡単な手段で伝えることが出来ない上に、まだまだ硬い雰囲気のあり、なかなか難航しましたが、ほぼ正確に生徒たちは、自分が感じるクラスのまとまり度順に並ぶことが出来ました。

P1060591 IMG_0726
「クラスのまとまり度」順に並んでみる
得られた「気付き」を共有し合います

プログラムのあとは、そこで得られた気付きを共有し合い、「チームになる」のに必要なことを考えます。いい雰囲気のクラス、悪い雰囲気のクラスの定義についてや、いい雰囲気のクラスをつくるために大事にすべきことを3人ほどのグループに分かれて話しあい、発表しました。
雰囲気の良いクラスになるための良い雰囲気が出てきたところで、終了時間も近づきます。佐藤氏は最後に「早く行きたいなら1人で行け。遠くに行きたいならみんなで行け」というアフリカのことわざを紹介。「『空気』は『読むもの』ではなくて、『創るもの』」というメッセージを送り、ワークショップは終了となりました。

終了後、隣接する立正佼成会の第二団参会館へ移動し、入浴ののちに生徒たちは自習タイムへ。宿舎でもチューターへ活発な質問が飛び、夜遅くまでひっぱりだこになったチューターもいるようです。翌日、男子校へ帰っての朝食と自習タイムののち、東進ハイスクール講師の出口汪氏によるセンター現代文の講義が行われました。

今回講義されるのは2008年センター試験に出題された第二問・小説分野の解説。この問題の題材となっているのは夏目漱石・後期3部作の第一作目、「彼岸過迄」。生徒たちは先ずこの問題をときますが、この講義には高校3年生だけでなく、1・2年生も参加。なかなか体験することのないセンター試験本番の問題に難儀した生徒もいるかもしれません。

CIMG2938 CIMG2935
有名な講師による講義に生徒も興味津々
講義をする出口汪氏

問題を解いたあと、出口氏による解説が行われました。有名な講師による講義に生徒の注目が集まります。出口氏は、問題一問一問を紐解きながら、「論理的に文章を読むこと」の大切さを強調されておりました。僅かな時間でしたが、生徒も様々な気付きを持ち帰ることが出来たようです。

二回目となった男女両校合同のトップレベル合宿。今回ははじめて高校1年生から3年生まで、60名ほどの生徒が集まり、共に3日間を過ごしました。その中で、ひとりひとりそれぞれが、普段の講習の短い時間の中では得られない学力的な成長、そして人間的な成長のための気付きを得ていたように思います。
そして、高校1年生が高校3年生の生徒に声をかけ、勉強に関する相談や他愛のない話をする様子を見ていると、講習生徒も代を重ねるにしたがって、学年内、男女両校間だけではなく、世代間での交流が生まれてきているように思います。ここに集った生徒たちが、仲間同士助けあい、自分の高い目標を実現させ、佼成学園に新しい伝統を作っていってほしいと常に願っております。

CIMG2976 P1060674
 生徒の質問に答える原田チューター
自習時間中、生徒間で教えあう様子